子どもの患者様が少ないのですが・・


一般歯科の医院様でお子さんの患者数が少ないのでなかなか対象児が見つからないという相談があります。

そのような場合は対象のお子さんがいるご家族や、お孫さんがいる方などにアプローチしていってみてください。

院内にポスターや掲示をし、今のお子さんの現状と乳歯列の時期の口腔育成の重要性をわかりやすく伝え、周知してくことが大切です。


クリーニングに来られる患者さんに、お孫さんを預かっているおじいちゃん、おばあちゃんも多くいると思います。

「最近のお子さんは、歯並びがガタガタ、いびき、歯ぎしり、食事が遅い、落ち着きのなさ、転びやすいなど、このようなお子さんが多いんですよ」

「お口の成長が大きく関わっている可能性があるんですよ」

「最近の子どもたち、どう感じていますか?」


たとえ、お子さんやお孫さんがいなくても、子どもたちに起きている現状を伝え、口腔育成が必要なお子さんが多い現状を広めていくことが重要です。


3人くらい患者さんが見つかったら、お母さんの口コミの力はすごいので、気づけば子どもで溢れかえっているかもしれませんね(^-^)


★Q&Aの記事は、Vキッズ会歯科医師が回答をしております。

 会員限定ブログにて回答致しますので、是非お気軽にご質問をお寄せください。

ご質問はこちらのメールアドレスまで→enjoy-vkids@iwilldental.com

0回の閲覧
 Vキッズ/口腔育成/こども歯並び/3才から始める
  • w-facebook
  • Twitter Clean
ダウンロード (1).png

Call Us: 0798-61-5771   /   support@iwilldental.com  /  2F, 27-69, Hinoikecho, Nishinomiya-shi, Hyogo, 662-0084

© 2023 by ABC After School Programs. Proudly created with Wix.com